Archive for Author リコピン

トマトQ&A

h45G5x1WEmKKr131417447716_1417447968

 

一日にどれくらいトマトを食べればいいの

メタボ予防効果を期待するなら
一日に中玉トマト6個
トマトジュースなら600cc

また老化予防や美肌効果を期待するなら
リコピンを一日15mg
こらは中玉3個以上になります

 

トマトのビタミンCは熱で壊れないの

ビタミンCは熱に弱くトマトのビタミンCも
長時間熱を加えると壊れやすくなります

ビタミンCを有効にとりたい場合は
生で食べるか、短時間の加熱の
炒め物がよいでしょう

 

トマトケチャップでも効果はあるの

トマトケチャップはトマトを煮込むので
トマトの力が凝縮されます

リコピンなど熱に強い成分を含みますが
ビタミンCはなくなります

トマトケチャップはビタミンCを多く含む食材と
組み合わせ食べると効果的です

 

トマトのリコピンは生で食べたほうが効果があるのか

リコピンは油でいためると体への吸収よくなります
リコピンは熱で壊れることはないので
生で食べるより油を使った料理がおススメです

 

トマトの13オキソODAは熱を加えても壊れないの

13オキソODAは熱を加えても壊れにくく
加熱殺菌するトマトジュースにも含まれているので
加熱調理しても体内に吸収することができます

 

ミニトマトでも効果はあるの

トマトとミニトマト100g中の栄養素を比べると
ビタミンC、βカロテン、カリウムなどの
ミネラルや食物繊維はミニトマトの方が多く含んでいます

 

ハウス栽培と露地栽培のトマト栄養価が高いのはどちら

トマトのβカロテンは11月のトマトより7月のトマトの方が
2倍多いと研究結果があります

 

トマトは体を冷やすの

漢方ではトマトは血液を浄化し、脂肪の燃焼を助けると言われています

 

トマトの種は取ったほうがいいの

トマトの種のゼリー状の部分に食物繊維の
ペクチンやグルタミン酸などが含まれています
種の部分全体を食べた方が栄養を効率よく吸収できます

 

缶詰めやピュ-レでも栄養は同じ

トマトの水分を取り除いて作るので栄養価は生のトマトより高くなります
ただしビタミンCはなくなります

 

トマトジュースはどれを選べばいいの

メタボ予防のために一日600ccのトマトジュースを飲むと塩分が気になります
そういう場合は無塩のトマトジュースを選ぶようにしましょう

濃縮還元ジュースは生産地でトマトの水分をぬき
濃縮、冷凍してから水を加えジュースにする製法です

トマト不妊症改善効果

リコピンは男性の不妊症にも好影響

RcE0AGS1BJFtW7l1412420964_1412422715

リコピンの抗酸化力は不妊症の原因のひとつ

子宮内膜症を予防することがきたいできます

リコピンには抗酸化作用により、子宮内膜にある細胞が

骨盤のほかの部分にくっついて起こる傷、炎症などの症状を抑える効果があります

これにより、不妊症の原因ともなる子宮内膜症を予防する効果が期待できます

不妊症の男性は精子中の低リコピンが確認されており

リコピンが男性の不妊症の予防にもつながると考えらます。

ビタミンEには、性ホルモンの生成を助けて生殖機能を保護する働きがあります。

 

効果のある栄養

 

効果栄養素

リコピン、ビタミンE

 

効果ポイント

とまと効能ポイント

リコピンの抗酸化作用は男女双方の不妊予防に効果があるときたいされています

長期的に食事に取り入れ生やジュースなどで取り入れましょう

トマト解毒作用

トマトには毒素を排出すデトックス効果

RcE0AGS1BJFtW7l1412420964_1412422315

ペクチンのファイバー効果と有機酸の有害物質を結合する力で

デトックス効果が期待できます

私達は普段の生活の中で知らず知らずのうち

水銀、鉛、カドミウム、ダイオキシンなど有害物質を体に取り入れています。

これらの毒素の大半は便として排出されるので排便をスムーズにする

食物繊維ペクチンは体にたまった毒素の排出に役立つと考えられています

また、トマトに含まれる有機酸には、水銀や鉛などの金属と結合し

排出する効果があるといわれています

 

効果のある栄養

効果栄養素

有機酸、ペクチン

 

効果ポイント

とまと効能ポイント

トマトに含まれるペクチンは、便秘解消の強い味方

その過程で有機物質も対外に、毎日の食事にトマトだけでなく

野菜を十分取り入れ、水分補給も忘れないようにしましょう

【特集】女性ホルモンサプリ

トマト喘息の症状緩和

リコピンの抗酸化作用が喘息の症状を改善

RcE0AGS1BJFtW7l1412420964_1412421940

抗酸化パワーに優れたリコピンが喘息の症状の緩和をサポート

気管支喘息は、アレルギーなどの刺激で気管支が細くなり

呼吸がしにくくなってしまう病気です。

慢性的な気道の炎症も原因のひとつであることがわかっています

トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用を持ち

喘息の症状緩和に効果があるといわれています

また、長期間継続して摂取することで、息を吐き出す力を

改善する効果があることがわかってきています。

 

効果栄養

効果栄養素

リコピン

 

効果ポイント

 

とまと効能ポイント

リコピンが豊富なトマトを長期的に食事に取り入れましょう

さらに、過労や睡眠不足に注意して、適度な運動で体調管理を心がけて

ハウスダストも大敵なので家の掃除も重要です

トマト認知症予防

リコピンが細胞の酸化を防ぎ記憶力の低下を予防

RcE0AGS1BJFtW7l1412420964_1412421058

リコピン、ビタミンE、ビタミンCなど脳のさびつきを防ぐ栄養が豊富

大量の酵素を消費する脳は、活性酸素の攻撃を受けやすく

脳の神経が酸化してしまうと学習能力や記憶力の低下にもつながります

リコピンには、活性酸素から神経細胞を守り老化による

学習能力や記憶力の低下を予防する効果があるといわれています

さらに、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンAにもアルツハイマー型認知症の

発症を抑える働きがあることがわかっています。

 

効果のある栄養

効果栄養素

リコピン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA

 

効果ポイント

とまと効能ポイント

リコピンは老化による脳の衰え防止に

またビタミンE、ビタミンc、などは認知症予防に期待

食事はもちろん常に好奇心を持って

新しいことに取り組み脳を刺激することも重要です。

トマト胃酸中和

胃もたれや胸やけをミネラル類が改善

hT7WHzuKMfkI0Zj1412319973_1412320176

カルシウム、カリウム、ミネラル、ビタミンAクエン酸が

胃の状態をやさしく改善します

空腹時に胃がきりきり痛んだり、胃もたれや胸やけが起こったりするのは

胃酸過多が原因のケースがほとんどです。

トマトにバランスよく含まれるカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの

ミネラル類には、胃酸を中和する効果があります

また、ビタミンAは胃の粘膜保護を促進します

酸味の成分である、クエン酸は胃腸の働きを活性化し

胸やけや食欲不振を改善する効果があるといわれています

 

効果のある栄養

 

効果栄養素

クエン酸、ミネラル類、ビタミンA

 

効果ポイント

 

とまと効能ポイント

食べすぎ、飲みすぎ、胃の不調の一番の原因になります

また、不規則な生活などで、胃が弱っていることも

トマトを適度に食べて、規則正しい生活を心がけましょう。

トマト二日酔い予防

ビタミンCがアセトアルデヒドを分解

hT7WHzuKMfkI0Zj1412319973_1412320016

豊富なビタミンCやナイアシンは肝臓の働きを助けます

二日酔い予防や予防に効果が

飲みすぎて肝臓の代謝能力の限界を超えて起こる二日酔いは

アルコールを分解してできるアセトアルデヒドのしわざです

トマトに含まれるビタミンCやナイアシンは、肝臓を助けて

アセトアルデヒドの分解を促進します

このナイアシンにはコレステロールや中性脂肪を下げる効果もあります

また、クエン酸は胃腸の働きを活発にし、胸焼けなどの

症状を抑える効果があるといわれています。

 

効果のある栄養

 

効果栄養素

ビタミンC、クエン酸、ナイアシン

 

効果ポイント

 

とまと効能ポイント

トマトには、肝臓の機能をサポートする成分が豊富です

二日酔いのときは、胃が弱っているのでジュースが最適です

加えて、水やスポーツドリンクで水分補給を心がけましょう

トマト視力回復

トマトの色素成分カロテノイドが目の病気を予防

SSHPjRh3qEq0FeT1412318967_1412319058

目の網膜は紫外線で発生する活性酸素の攻撃を受けやすく

酸化で過酸化脂質ができると、網膜が傷つきます

トマトの色素成分カロテノイド、リコピンはビタミンEなどと

一緒にとると活性酸素による過酸化脂質の生成を抑制してくれ

黄斑変性症などを予防する効果が期待できます。

ビタミンCとビタミンEをあわせてとると視力回復を促す効果が期待できます

 

効果のある栄養

 

効果栄養素

アントシアニン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA

 

効果ポイント

 

とまと効能ポイント

トマトに含まれるリコピンなどカロテノイド

ビタミンE、ビタミンAなどは目によい成分です

さらに、アントシアニンが豊富なブルーベリーなどをあわせて食べるとよいでしょう

トマト糖尿病予防

血糖値をコントロールするインスリンの異常が原因

SSHPjRh3qEq0FeT1412318967_1412319332

血糖値とは一言でいえばブドウ糖をうまく細胞に取り入れられない病気です

ブドウ糖は通常、血液にのって細胞に運ばれ

筋肉や臓器でエネルギーとして使われます

しかし、糖尿病になると、ブドウ糖が細胞の中に運ばれにくくなり

血液の中にあふれてしまいます。

こうして血糖値が上がり尿中に糖が出てしまいます

糖尿病は、ブドウ糖がブドウ糖が筋肉や臓器で使われるように

コントロールするインスリンが不足したり

うまく働かなくなったりすることが原因でおこります。

 

リコピンなどがインスリンの働きを増強

 

cM19mWwBpNnmRpn1412319374_1412319476

リコピンは、インスリンの働きをサポートし、血糖値を下げて

正常に保つ効果があることがわかっています

また、トマトに含まれるクエン酸は、デンプンをブドウ糖に分解する

酵素の働きを抑え糖の吸収を抑える働きがあるといわれています。

さらに、βカロテンなどと同じカロテノイドの一種であるアスタキサンチンにも

インスリンのよい働きを増強し、悪い働きを抑える効果があるとして注目されています。

 

効果のある栄養

 

効果栄養素

リコピン、クエン酸、アスタキサンチン、クロム、パントテン産

 

効果アップポイント

 

とまと効能ポイント

リコピン、クエン酸、アスタキサンチンなど

糖尿病に良い成分が含まれるトマト

ひじき、わかめ、いわしの丸干しなどインスリンの活性化に

有効なクロムを多く含む食品をあわせて食べるとよいでしょう。

トマト貧血予防

鉄の不足が主な原因女性に多い貧血

7p6vltMixdS1EBk1412274325_1412274382

全身に酸素を運ぶ役割を担っているのが血液の主成分、赤血球です

貧血とは、この赤血球に含まれる

ヘモグロビンが少ないと状態のことです

ヘモグロビンが少ないと、体に酸素が十分に行きわたらなくなり

めまいや動悸、息切れ、頭痛などの症状が現れます

貧血には、さまざまな種類がありますが、鉄が不足することで起こる

鉄欠乏性貧血がもっとも多く

とくに鉄が不足しがちな女性に多いのが特徴です

鉄はヘモグロビンや赤血球の生成を活性化

_e9_sHXFGGy5i1d1412270654_1412274236

鉄を含む色素ヘムと、たんぱく質のグロビンが結合した

色素たんぱく質がヘモグロビンです

ヘモグロビンを作るためには、原料となる鉄をとることが大切です

トマトは、鉄に加えて鉄の吸収を高めるビタミンCも多く含んでいるので

貧血への効果が期待できます

またヘモグロビンは赤血球によって全身に運ばれるので

赤血球作るように促すことも必要です

トマトに含まれる葉酸には、赤血球を作り出す造血細胞を

活性化する作用があるといわれています

効果のある栄養

効果栄養素

葉酸、鉄、ビタミンC

効果ポイント

とまと効能ポイント

鉄、ビタミンc、葉酸と貧血によい成分が含まれるトマト

同様の効果が期待できる牛や豚のレバー、ほうれんそう

ブロッコリーを組み合わせた食事を食べましょう

« Older Entries