Archive for 脳細胞活性化

トマト脳細胞活性化

活性酸素のダメージで神経細胞減少

活性酸素のダメージで神経細胞減少

活性酸素とは、体内で酸素を使いエネルギーを

生み出す過程でできる体内の不要な物質です

人の体の中なかで一番たくさんの酸素を必要とする脳は

活性酸素がもっとも発生しやすい場所です

脳の約半分は皮質で出来ているので大きな問題です

皮質は酸化しやすく、活性酸素のダメージを受けやすい成分なので

脳細胞が活性酸素によって酸化すると

学習能力や記憶力の低下につながります

リコピンの抗酸化力作用により記憶力の衰えを防止

リコピンの抗酸化力作用により記憶力の衰えを防止

トマトには、非常に強い抗酸化作用をもつリコピンが多く含まれています

リコピンは活性酸素による攻撃から神経細胞を守り

老化にともなう学習力、記憶力の低下をふせぎます

また、トマトは昆布のうまみ成分グルタミン酸を多く含んでいます

グルタミン酸は、脳細胞を保護したり情報伝達機能を

活性化する働きがあり脳の燃焼と呼ばれることもあります

効果栄養素

効果のある栄養素

リコピン、グルタミン酸、葉酸、DHA、EPA

とまと効能ポイント

効果アップポイント

抗酸化力があるリコピンと脳を活性化させる

グルタミン酸が豊富なトマトと同じ作用のある

EPA、DHAが豊富なイワシ、サバなどの

青魚を一緒に食べるとよいでしょう