Tag Archive for トマト

トマトQ&A

h45G5x1WEmKKr131417447716_1417447968

 

一日にどれくらいトマトを食べればいいの

メタボ予防効果を期待するなら
一日に中玉トマト6個
トマトジュースなら600cc

また老化予防や美肌効果を期待するなら
リコピンを一日15mg
こらは中玉3個以上になります

 

トマトのビタミンCは熱で壊れないの

ビタミンCは熱に弱くトマトのビタミンCも
長時間熱を加えると壊れやすくなります

ビタミンCを有効にとりたい場合は
生で食べるか、短時間の加熱の
炒め物がよいでしょう

 

トマトケチャップでも効果はあるの

トマトケチャップはトマトを煮込むので
トマトの力が凝縮されます

リコピンなど熱に強い成分を含みますが
ビタミンCはなくなります

トマトケチャップはビタミンCを多く含む食材と
組み合わせ食べると効果的です

 

トマトのリコピンは生で食べたほうが効果があるのか

リコピンは油でいためると体への吸収よくなります
リコピンは熱で壊れることはないので
生で食べるより油を使った料理がおススメです

 

トマトの13オキソODAは熱を加えても壊れないの

13オキソODAは熱を加えても壊れにくく
加熱殺菌するトマトジュースにも含まれているので
加熱調理しても体内に吸収することができます

 

ミニトマトでも効果はあるの

トマトとミニトマト100g中の栄養素を比べると
ビタミンC、βカロテン、カリウムなどの
ミネラルや食物繊維はミニトマトの方が多く含んでいます

 

ハウス栽培と露地栽培のトマト栄養価が高いのはどちら

トマトのβカロテンは11月のトマトより7月のトマトの方が
2倍多いと研究結果があります

 

トマトは体を冷やすの

漢方ではトマトは血液を浄化し、脂肪の燃焼を助けると言われています

 

トマトの種は取ったほうがいいの

トマトの種のゼリー状の部分に食物繊維の
ペクチンやグルタミン酸などが含まれています
種の部分全体を食べた方が栄養を効率よく吸収できます

 

缶詰めやピュ-レでも栄養は同じ

トマトの水分を取り除いて作るので栄養価は生のトマトより高くなります
ただしビタミンCはなくなります

 

トマトジュースはどれを選べばいいの

メタボ予防のために一日600ccのトマトジュースを飲むと塩分が気になります
そういう場合は無塩のトマトジュースを選ぶようにしましょう

濃縮還元ジュースは生産地でトマトの水分をぬき
濃縮、冷凍してから水を加えジュースにする製法です

トマト高血圧予防動脈硬化

高血圧 自覚症状がないので注意が必要

1UkJx8HXB3KdOZn1410906946_1410907168

たとえば、ホースに多くの水を流したり、詰まったりすると

ホースがパンパンになります

これと同じように心臓から送りだされる血液の量がふえたり

血管が狭くなったりすることで、血管に圧力がかかり高血圧になります

高血圧は自覚症状がほとんどないので気がついた時には

動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの危険がたかまります

高血圧は気がつかないうちに

血管をボロボロにするので注意が必要です

リコピンが血管のつまりを予防し余分な塩分を排出

高血圧

トマトに含まれるリコピンには血中のコレステロールの酸化を防ぎ

血管がつまることを予防してくれる作用があります

そのほかにも、トマトにはビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます

カリウムには塩分を排出して血圧を下げて

高血圧の予防効果があります

また、コラーゲンを作るのを高め血管を強くする作用があります

ビタミンCも高血圧の予防には有効です

リコピン

効能のある栄養素

リコピン、カリウム、ビタミンB1、ビタミンC

とまと効能ポイント

効果アップのポイント

油、塩分を控えた食事を心がけましょう

食事にトマトを上手に取り入れましょう、昼食が外食の場合は

トマトジュースがおすすめです

 

トマト効能 肥満予防

メタボ予防

メタボ予防

メタボは内臓の周りに脂肪がたまり肥満になることです

内臓に脂肪がたまると糖尿病や高血圧、高脂血症など

生活習慣病の原因になります

血液中に増えた脂質は活性酸素によって

酸化されると血管内の中にたまり、動脈硬化が進み

心臓病や脳卒中などの病気の原因になります

13オキソODA

13オキソODAが中性脂肪を減少させる

13オキソODAが中性脂肪を減少させる

トマトに含まれる成分の中で注目されているのが13オキソODAです

13オキソODAには、血中や肝臓の中性脂肪を減少させる効果や脂肪燃焼をうながす効果などがあるのでメタボ予防などにつながります

トマトのリコピンは生活習慣病の原因である活性酸素を除去する作用があります

リコピンの抗酸化作用はとても強く強力でβ-カロテンの二倍以上

ビタミンEの100倍以上になります

とまと効能

効能ポイント

油や塩分を控えた食事をとり、トマトをとると

メタボ解消の効果が期待できます

朝は一杯のトマトジュースをとり

夕食は消化のよい加熱調理したトマト料理を食べるとよいでしょう

 

カゴメ 毎日飲む野菜

カゴメ 毎日飲む野菜

カゴメ 健康直送便 【毎日飲む野菜】
 

通常価格:6000円

メーカー:かごめ
サイズ:160g缶、30本

カゴメ 毎日飲む野菜の特徴

カゴメ 毎日飲む野菜の特徴1

原料は契約栽培した産地の野菜を使用

毎日飲む野菜に使用されている
トマトのリコピンの量は通常のトマトの3倍になります

バランス力にすぐれた8種類の野菜を配合
カロテノイドの豊富な7種類の緑黄色野菜に
ブロッコリースプラウトを配合

リコピンが含まれるトマト

βカロテンが含まれるニンジン

β-カロテン、カリウム、ルテイン、食物繊維などが含まれています
抗酸化作用で活性酸素などを除去してくれます
β-カロテン、ルテインには目の健康を保つ効果があります

 

カプサイシンが含まれる赤ピーマン

ビタミンA、βカロテン、ビタミンCと葉緑素が豊富に含まれています
ピーマンに含まれるビタミンCは熱を加えても失わない性質があり
脂肪燃焼効果のあるカプサイシンなどが含まれています
葉緑素には(クロロフィル)抗酸化作用があり生活習慣病などの予防になります

 

カロテンを含むアスパラガス

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE
カリウム、カルシウム、鉄、アスパラギン酸などを豊富に含んでいます
アスパラギン酸は優れた疲労回復効果があります
スタミナドリンクなどの栄養補助飲料にも配合されています

 

ハーブとして使用されβカロテンを含むパセリ

β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄などが豊富に含まれています
野菜の中でも特に栄養価が高いのが特徴です

 

βカロテンが豊富なかぼちゃ

β-カロテンやビタミンC、ビタミンE、食物繊維などが豊富に含まれています
またカリウム、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、鉄などのミネラルも豊富に含まれています

 

βカロテンが豊富なホウレン草

鉄や多く含み貧血予防に有名な野菜で
その他β-カロテン、葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
ビタミンC、ビタミンE、鉄、マンガンなどが豊富に含まれています

欧州では胃腸のほうきと呼ばれ豊富な食物繊維が便秘などの改善に役立ちます
腸のぜん動運動(食べ物を移動させる)を活発にしてくれます

 

ブロッコリーの発芽野菜ブロッコリースプラウト

デトックス効果が高く注目される野菜で
発がん物質の解毒や肝臓の解毒作用や活性酸素の除去などの優れた効果があります

β-カロテン、カルシウム、カリウム、ビタミンB群、ビタミンE
ビタミンC、食物繊維、スルフォラファンを豊富に含んでいます

 

※詳細はコチラ
⇒ カゴメの自信作!野菜100%ジュース『毎日飲む野菜』<<通販限定>>