Tag Archive for ビタミンC

トマト認知症予防

リコピンが細胞の酸化を防ぎ記憶力の低下を予防

RcE0AGS1BJFtW7l1412420964_1412421058

リコピン、ビタミンE、ビタミンCなど脳のさびつきを防ぐ栄養が豊富

大量の酵素を消費する脳は、活性酸素の攻撃を受けやすく

脳の神経が酸化してしまうと学習能力や記憶力の低下にもつながります

リコピンには、活性酸素から神経細胞を守り老化による

学習能力や記憶力の低下を予防する効果があるといわれています

さらに、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンAにもアルツハイマー型認知症の

発症を抑える働きがあることがわかっています。

 

効果のある栄養

効果栄養素

リコピン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA

 

効果ポイント

とまと効能ポイント

リコピンは老化による脳の衰え防止に

またビタミンE、ビタミンc、などは認知症予防に期待

食事はもちろん常に好奇心を持って

新しいことに取り組み脳を刺激することも重要です。

トマト二日酔い予防

ビタミンCがアセトアルデヒドを分解

hT7WHzuKMfkI0Zj1412319973_1412320016

豊富なビタミンCやナイアシンは肝臓の働きを助けます

二日酔い予防や予防に効果が

飲みすぎて肝臓の代謝能力の限界を超えて起こる二日酔いは

アルコールを分解してできるアセトアルデヒドのしわざです

トマトに含まれるビタミンCやナイアシンは、肝臓を助けて

アセトアルデヒドの分解を促進します

このナイアシンにはコレステロールや中性脂肪を下げる効果もあります

また、クエン酸は胃腸の働きを活発にし、胸焼けなどの

症状を抑える効果があるといわれています。

 

効果のある栄養

 

効果栄養素

ビタミンC、クエン酸、ナイアシン

 

効果ポイント

 

とまと効能ポイント

トマトには、肝臓の機能をサポートする成分が豊富です

二日酔いのときは、胃が弱っているのでジュースが最適です

加えて、水やスポーツドリンクで水分補給を心がけましょう

トマト貧血予防

鉄の不足が主な原因女性に多い貧血

7p6vltMixdS1EBk1412274325_1412274382

全身に酸素を運ぶ役割を担っているのが血液の主成分、赤血球です

貧血とは、この赤血球に含まれる

ヘモグロビンが少ないと状態のことです

ヘモグロビンが少ないと、体に酸素が十分に行きわたらなくなり

めまいや動悸、息切れ、頭痛などの症状が現れます

貧血には、さまざまな種類がありますが、鉄が不足することで起こる

鉄欠乏性貧血がもっとも多く

とくに鉄が不足しがちな女性に多いのが特徴です

鉄はヘモグロビンや赤血球の生成を活性化

_e9_sHXFGGy5i1d1412270654_1412274236

鉄を含む色素ヘムと、たんぱく質のグロビンが結合した

色素たんぱく質がヘモグロビンです

ヘモグロビンを作るためには、原料となる鉄をとることが大切です

トマトは、鉄に加えて鉄の吸収を高めるビタミンCも多く含んでいるので

貧血への効果が期待できます

またヘモグロビンは赤血球によって全身に運ばれるので

赤血球作るように促すことも必要です

トマトに含まれる葉酸には、赤血球を作り出す造血細胞を

活性化する作用があるといわれています

効果のある栄養

効果栄養素

葉酸、鉄、ビタミンC

効果ポイント

とまと効能ポイント

鉄、ビタミンc、葉酸と貧血によい成分が含まれるトマト

同様の効果が期待できる牛や豚のレバー、ほうれんそう

ブロッコリーを組み合わせた食事を食べましょう

トマトストレス緩和

強いストレスはさまざまな病気の原因に

SFxUWP8_8xFVp9M1412270214_1412270590

ストレスは、外部からの刺激により、心や体に負担がかかることです

ストレスは、よくボールを指で押したときのヘコミにたとえられ

ヘコミの原因となる刺激をストレッサーといいいます

ストレッサーは、仕事の忙しさや人間関係、気候の変化、睡眠不足など

さまざまですが、強いストレスやストレスに長くさらされていると

急性胃炎や神経性胃炎、胃潰瘍、不眠症、うつ病など

さまざまな病気になりやすくなります

パントテン酸が副腎に作用しストレスを予防

_e9_sHXFGGy5i1d1412270654_1412270781

ストレスを感じると副腎皮質ホルモンが分泌されます

副腎皮質ホルモン血糖値を上げ、使えるエネルギー量を増大させ

ストレスに対応する体を整えます

トマトに含まれるビタミンB群の仲間であるパントテン酸は

副腎皮質ホルモンの合成を促進して、ストレスへの

抵抗力を高める働きがあります

また、ビタミンCも副腎の働きを活発にし

ストレスを抑える効果があります

効果のある栄養

効果栄養素

パントテン酸、ビタミンC、カルシウム、ギャバ

効果ポイント

とまと効能ポイント

トマトに含まれるパントテン酸とビタミンCは

ストレスの抵抗力をアップする働きがあります

また発芽玄米に多く含まれるGABA(ギャバ)は、不安やイライラを

緩和する効果があるので主食を発芽玄米にしましょう

トマト免疫力アップ

リコピンが免疫細胞を守り細胞を活性化

リコピンが免疫細胞を守り細胞を活性化

私達の体を外部からの異物から守ってくれるのが免疫機能です

トマトに含まれるリコピンは、ビタミンE、βカロテンとくらべても

ダントツの抗酸化作用を持ち、活性酸素から免疫機能をつかさどる

細胞を守る働きがあります

また、ビタミンCも免疫細胞を活性化して感染症など予防に役立ちます

トマトには、ビタミンCの吸収を良くしてくれる

ルチンが含まれています

効果のある栄養

効果栄養素

リコピン、ルチン、ビタミンC、乳酸菌

効果ポイント

とまと効能ポイント

リコピン、ビタミンC、ルチンの働きで

活性酸素から免疫機能を守るトマト

腸内環境を整え免疫力を高め乳酸菌が多い

ヨーグルトをプラスすると良いでしょう

トマト美肌効果

紫外線によるダメージが肌の老化を促進

紫外線によるダメージが肌の老化を促進

紫外線による肌のダメージは、日焼けやシミだけではありません

紫外線は皮膚組織を傷つけ、シワたるみなど肌全体の老化の原因に

これを光老化といいます

紫外線はコラーゲンを分解するだけでなく、コラーゲンを作る

細胞も傷つけてしまいます

そうなると肌の弾力が失われ、ハリのないお肌になります

リコピンの力でシミやシワを抑え美肌を保つ

リコピンの力でシミやシワを抑え美肌を保つ

紫外線によって作られるメラニンは、シミやソバカスの原因になります

リコピンは皮膚の表面にできる活性酸素抑えるとともに

メラニンを合成するときに必要な酵素の働きを抑制し

美肌、美白に有効です

また、トマトに含まれるビタミンCもメラニンの増加を抑えて

コラーゲンの生成を促進するので

シワやたるみの予防の効果があります

効果栄養素

効果のある栄養

リコピン、ビタミンC、ビタミンQ、コラーゲン

とまと効能ポイント

効果ポイント

トマトにはリコピンやビタミンCなど肌によい成分が豊富

吸収率が高いビタミンA、カロチンが豊富な食品と

いっしょに食べればよいでしょう

 

トマト老化予防

活性酸素の強い抗酸化力が老化の原因に

活性酸素の強い抗酸化力

活性酸素は、体内に侵入した細菌を無害化するなど

人の体の中で大切な役割をしています

しかし、活性酸素が増えすぎると細胞やDNAを傷つけ

老化や動脈硬化、がんなどの原因になります

また細胞膜に含まれる、動脈硬化を予防する不飽和脂肪酸を酸化し

DNAを壊す過酸化皮質を作ります

鉄がさびるのと同じように細胞を老化させ

動脈硬化などの原因になります

活性酸素は、紫外線や激しい運動、ストレス、喫煙、排気ガス

電磁波、放射線、さなまざな原因で作られています

ビタミンの抗酸化の力で老化予防

ビタミンの抗酸化の力

トマトにバランスよく含まれるビタミンは

活性酸素を除去する、すぐれた抗酸化作用があります

ビタミン、ビタミン、は酸化で傷ついた細胞の回復を早めたり

血管をしなやかにする働きがあり、細胞や老化を防ぐ力があります

また、ビタミンは美肌を作るだけでなく

血管や粘膜などを健康に保ちます

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、は抗酸化ビタミンと呼ばれ

一緒に摂取することで、すぐれた効果を発揮します

効果栄養素

効果のある栄養素

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

とまと効能ポイント

効果アップポイント

トマトにふくまれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは

ビタミンエースと呼ばれ活性酸素の原因を

取り除き老化防止の強い力があります

りんご、バナナ、オレンジ、青魚緑黄色野菜と一緒にとることで

さらに効果を発揮します